_S2A7445.jpg
順天堂大学精神科ロゴ.png
大学院生

髙橋 啓太郎

出身大学:長崎大学

 初めまして。私は順天堂メンタルクリニック科入局1年目の髙橋と申します。出身は長崎大学で、初期研修から順天堂医院にお世話になり、研修終了後そのまま順天堂メンタルクリニック科に入局いたしました。

 順天堂の良いところは他大学出身者に寛容であることがまず挙げられます。現在メンタルクリニック科の医局員は私含め他大学出身者の方が多いです。入局してみても、本当に学閥のようなものはなかったです。

 次にお伝えしたいのが、医局員の先生方が本当に優しくて色々と指導してくださるところです。入局してすぐに患者さんの担当医となりますが、分からないことは上級医に気兼ねなく相談できる環境で、かつ先生方の豊富な経験を持って指導してくださるので、大変勉強になります。まだ1年目なので、分からないことも多々あるのですが、日々少しずつ力をつけている感覚はあります。1年目は病棟の患者担当のみならず、初診外来やリエゾンの担当なども経験できます。

順天堂大学医学部 精神医学講座(メンタルクリニック)大学院生/髙橋 啓太郎

 そして今年から、主に専攻医を対象としたセミナーが毎週1時間程度あり、様々な先生方から勉強させていただく機会があります。大変学びの多い時間です。

 また、私は入局と同時に大学院にも進学しております。年度にもよりますが、入局と同時に大学院に進学している医局員も多数おります。大学院では講義を受けながら研究にも従事します。当院では双極性障害をはじめとした幅広い分野での研究が行われており、きっと自分に合った研究テーマを見つけることが可能だと思います。私はもともと産業保健やストレスマネジメントに興味があったので、それに関するテーマを考えております。そして、4年間の大学院時代に医学博士とともに専門医と精神保健指定医の両方の資格を取得することが可能なことも当院の特徴だと思います。

 「心(精神面)って、生きていく上でとても大事な気がする」そんな思いから精神科医となり日々励んでおります。このページを見た皆さんと一緒に働ける日を楽しみに待っております。

順天堂大学医学部 精神医学講座(メンタルクリニック)大学院生/髙橋 啓太郎

※掲載内容は2021年9月当時のものです。