診療

若年性認知症専門外来

概要

当院では、65歳未満の認知症を早期に発見し、進行予防に向けた早期治療を目的に、若年性認知症専門外来を行っています。前頭側頭葉変性症、アルツハイマー病などの変性性認知症疾患が心配な方にお越し頂き、認知症専門医である精神科医師が各種検査を行い、診断確定後、専門診療を行います。前頭側頭葉変性症に関するセカンドオピニオン外来(予約制)も行っております。

対象

  • 年齢:50歳から65歳の方(50歳未満の方はご相談下さい)

  • 他院にて若年性変性性認知症が疑われると診断された方

  • 除外基準:他院にて、アルコール等の依存症、知的障害、反社会性や境界性パーソナリティ障害、統合失調症、双極性障害の診断を受けている方

検査

血液検査、画像検査(MRI、脳血流SPECT等)、各種認知機能検査、神経心理学的検査、髄液検査等

受診のしかた

完全予約制になります。診察のご予約についてはお電話にてお問い合わせください。初診予約の際、「若年性認知症専門外来へ受診希望」とお伝え下さい。初回診察の際、通常の問診事項に加え、外来事務で渡される用紙の記入を行って頂きます。

その他

前頭側頭葉変性症の全国的なコホート研究(FTLD-J)と連携しており、御承諾の得られた患者様には臨床研究への御参加をお願いする場合があります。また、家族会や若年性認知症総合支援センターと連携し、患者様の社会的支援に関する情報も提供いたします。